*

17話 初の病院へ

前章で恋愛をするようになったハゲ山本は、

よりいっそうハゲを気にするようになりました。

 

明るく楽しく生活してはいたのですが、

ハゲは進行するばかり。

「まだ30代前半なんだぜ?ちょっと早過ぎやしないかい?」

そう自問自答を繰り返しておりました。

 

2年続けてきた育毛剤も効果は出ず、

日々高いシャンプーを使って、高い育毛剤を頭にポンポンして、

img57527957 ←育毛剤が染みるように

 

しかし効果は出ません。

「シャンプーと育毛剤じゃ、もうダメなんじゃないか」

さすがの私も気づき始めていました。

 

そして私は新宿にあるハゲ専門の病院へ行く事にしたのです・・・

 

前の記事:

次の記事:

関連記事

20話 禁煙との戦い

と、色々あって薬に頼らないハゲとの戦いを強いられた(選んだ)私ですが ...

記事を読む

19話 植毛前のプロペシア問題

正直、薬をどうするか、かなり悩みました。   こ...

記事を読む

18話 ハゲと医者

その病院の存在をどこで知ったのかは覚えていないんですが、 それは...

記事を読む

  • まだデータがありません。

PAGE TOP ↑