*

24話 父親はハゲ

いたって幸せな生活を送っていた山本は、

禿げのこともあまり気にしなくなってきていました。

もちろん毎日ちゃんと無駄は努力はしていましたが(笑)

 

しかしそんな私が凹む事件が起きます。

それは保育園での出来事でした。

 

長男もすくすくと育ち、保育園で父親も呼ばれるいわゆる参観日がありました。

私も初めて保育園に行く事に。

普段見ない子供の顔を見るのを楽しみにしていました。

お父さんも様々で、25歳くらいの若いお兄ちゃんもいれば、40を過ぎた私より年上の方もいます。

 

しかし、禿げは一人もいませんでした。

 

しかもちょうど間の悪いことに、身だしなみに気を使わなくなって来ていた私は、

髪の毛が微妙に伸びた状態(=もっとも禿げが目立つ状態)でその参観日を迎えてしまったのです。

 

「あー禿げてるお父さんはいないもんだなぁ」など、

若いキレイな奥様の隣で若干恥ずかしい思いをしていた私ですが、

事件は家に帰ってから起きました。

 

 

家に帰ってしばらくすると、息子が泣いているのです。

 

最初息子が泣いている理由を夫婦共々理解できませんでした。

「どこか痛いところがあるのか」

「誰かにいじめられたのか」

聞いても息子は教えてくれません。

 

皆さん御察しの通り、息子が泣いている理由は

「父親が禿げというのが嫌」という理由でした。

 

私はそのことを嫁から聞くことになるのですが

なによりショックだったのは、

”その事を息子が私に言えなかったこと”でした。

 

息子はまだ小さい。

お腹が空けばお腹が空いたと言いますし、

スーパーに行けばお菓子を買ってくれとゴネます。

小さい故に、遠慮という言葉を知らないものだと思っていました。

 

いつもみたいに

「うちのパパだけ髪が無くてヤダ!」と私に言ってくれればいいのです。

そうすれば私も苦笑いしながら謝れたでしょう。

でも実際はあんな遠慮を知らない息子が、それを私に言えずに部屋の隅で泣いている。

 

何故言えないのか?

私に悪いから?

パパに申し訳ない??

いつもそんなこと気にしない息子が、

子供ながらに「これはパパに言っちゃいけないこと」と思っていたのでしょうか。

 

そうとしか考えられませんでした。

優しい子に育ってくれて良かった。でもそんなに息子を傷つけることだとは、

全く気づいていなかったのです。

 

 

これまでずっと禿げをネタにして生きてきました。

嫁も私のそんな明るいところを好きになってくれたのです。

でも小さい子供には違いました。

 

私は初めて、禿げで人を傷つけていました。

それも、最愛の優しい息子をです。

 

前の記事:

次の記事:

関連記事

50話 植毛注意点まとめ

これまで昔のことを思い出しながらこのブログを書いてきました。 ハ...

記事を読む

49話 植毛手術半年後

髪も生えて、 「そー言えば山本さん髪フサフサなりましたよね」とか...

記事を読む

48話 植毛手術5ヶ月後

手術から半年近く経ち、完全に毛が生えます!   ...

記事を読む

47話 植毛手術3ヶ月後

相変わらず通院をサボりつつ。 3ヶ月も経つともう完全に”慣れます...

記事を読む

46話 植毛手術2ヶ月後

この時期になると確実に毛が生えてきています。 最初0⇔理想100...

記事を読む

PAGE TOP ↑