*

プロペシアについて

1-2

前回、育毛剤と発毛剤の違いについて触れ、育毛剤が効くのは軽度の薄毛の人だけだ!と書きました。

今回は、まさに「新しい毛髪が生えてくる手助けをする」ための発毛剤について少し話しをしたいと思います。

(ちなみに、一般に「育毛剤」という言葉と「発毛剤」という言葉はあまり区別して使われていないように思われます。けれど、このブログでは、あえて2つを区別するために呼び方を使い分けています。)

私が発毛剤であるミノキシジルを使い始めたのは、各種育毛剤(サクセス、カロヤンアポジカ、カロヤンガッシュ、M−1育毛ミストなど)を試し、効果が感じられないまま1年近くが過ぎた頃でした。

シャンプーにも気を使っている。毎日きれいに皮脂を洗い落とし、すすぎもキチンとして、仕上げに育毛剤を振りかけマッサージ。それを毎日毎日繰り返している。

なのに効果が出ない。

そんな絶望感に陥っていたあるときでした。

当時、AGA治療という言葉がやっと認知され出してきたころで、わらにもすがる思いで、病院を訪ねました。

そこで勧められたのが、プロペシア(フィナステリド錠)でした。

プロペシアは、男性ホルモンを抑える薬で、男性ホルモン過多による男性型脱毛症(AGA)に対して直接的な効果をもつと言われています。

効果が出るのは一般的に6ヶ月程度継続して服用してからと言われていますが、私の先輩の場合は3〜4ヶ月目くらいから、効果を実感できるようになったそうです。

しかし、ご存知の方も多いと思いますが、プロペシアには恐ろしい副作用があるのです。

それは「性欲の減退」「勃起機能障害」

これは実際にプロペシアを試したことのある、仲のいい先輩の話です。

先輩は元々性欲が強い方だったので、「まあ多少性欲が減ったぐらいがちょうどいいかー」なんて軽く考えていたらしいんですが、
プロペシアの効果はすごかった。。。

人によって効果に違いがあるとは思うんですが、先輩の場合は効果てきめん。

驚くくらい、性欲がなくなってしまったらしいのです。

私は子供が大好きで、将来は野球チームが作れるくらい子供を持ちたいと思っていたので、

プロペシアの服用については、やめとこうと思ったのです。

結局、プロペシアの評価としては、

・     男性ホルモンの抑制という直接的な効果を持ち、単なる薄毛ではなく「ハゲ」が進行している人には一定の効果あり(ただ、ネットでの書き込みを見てると、効果がないという人もいるようです。)

・     副作用はけっこう怖いです。これも、ネットの書き込みなんかでは「副作用は特になかった」という人もいますが、何と言っても体内に服用する薬なので、体に及ぼす影響は計り知れません。。。

みなさんもよーーく考えてご使用下さい。

2013/01/15 | プロペシア

関連記事

PAGE TOP ↑